生昇会でのフライウェイレッスンの様子などを日々徒然にお知らせいたします。 クレイグ・ケイコ著「スーパーナチュラルの法則」販売中!


by seishoukai
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

排泄から食を考える逆転の発想 vol 7

ビタミンAやEの効用は、誰でも知るところですが、最近は成人病予防の筆頭に上げられていて、人参はホウレン草、モロヘイヤなどに比べて5分の1の量で間に合う、と言います。

人参というのは、元来砂地で栽培されるものだそうですが、日本の人参は土で作られる為、かたくて、生で食べるには向かない、というより、消化されないと言われます。

最近は改良も進んでいるのでしょうが、それでも外国に居てにつける時と、日本で煮るときとでは柔らかくなる時間に差があります。

そこで、βカロチンの弱点を助けてビタミンEの効用もでき、同時に最高に吸収されやすくなる「手抜き料理」を考えたのです。

                  ≪人参の保存食の作り方≫

◎料理法はいたって簡単、芯を除いた人参の皮肉を好みに切って、たっぷりの植物油でいため、日本酒を入れて、沸騰したらとろ火でことこと煮ること。これだけです。

冷蔵庫の保存状態にもよりますが、普通でも2~3週間持ちます。

毎日作る面倒がはぶけること。味がついていないので、何の料理にも利用できること。

肉料理の付け合わせに少しづついつでも使えることで大変便利。

また、子供達にはすりおろして・カレー・ハンバーグ・スパゲッティーのルー・牛丼など、殆どの料理に入れます。

また、柔らかく煮たものをミキサーにかけてムース状にして冷凍しておくと、パンケーキや、お菓子を焼く時にすぐ使えて役に立ちます。

(次に続く)                   クレイグ・ケイコ
[PR]
by seishoukai | 2011-03-20 16:45 | フライウェイ