生昇会でのフライウェイレッスンの様子などを日々徒然にお知らせいたします。 クレイグ・ケイコ著「スーパーナチュラルの法則」販売中!


by seishoukai
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

トウす 実践編

クレイグ・ケイコ著 「スーパーナチュラルの法則」より

「人間が動物と違う最後の一点は何かといえば、それは“思いやり”であると言えるのではないのか。

トウすはその思いやりが為すことなのです。」


つまりは、トウすことをお金儲けの手段に使ったり、自分の名誉のためにすることではないということです。

純粋に相手に対する思いやりのみで為す行為と言えるでしょう。

ケイコさんの言葉は続きます。

「何故、あらためて「トウす」などという言い方をすると言えば、マルエスから人間の体を通って、他の人の病苦にあてられるそのエネルギーの、質も量も、過去に行じられていたものとは大きさがちがうからです。」

それでは、どのようなところに焦点をあてて行えばいいのでしょうか?

「そこでトウすを行う時は、どこにあるのか誰もまだ知らない太陽を越えたもっともっと先の天の一番高いところにあるマルエスに自分の思いを合わせるところからからはじめなさい。

同じ自分の焦点を合わせるなら、最高、究極のものに合わせなさい。」



ここで間違ってはいけないことは、このような場合、感謝の気持ちで行いなさいと言われることがよくあります。

しかし、究極の場である主極(マルエス)はそういった自分の思いさえも超えたところにあります。


「もちろん、マルエス、主極などが宇宙のどこにあるか誰も知りません。

そこで、自分の頭の中に遠い彼方のシンボルを創ってそこにポイントを決める、ことで十分意思は通じます。

そして、そこから届く力の流れを自分の体の中を通して手、(足を使っても同じ)を当てます。

相手ばかりでなく、自分自身もおだやかないい気分になります。」


思いやりだからと言って、相手を何とかしてあげようとか、汗が出るほど念を込める必要はありません。

自分自身が天からのエネルギーを通すパイプのような感覚で行ってみてください。

まず、自分自身で試してみてください。
[PR]
by seishoukai | 2009-10-13 19:25 | 地磁気の転換