生昇会でのフライウェイレッスンの様子などを日々徒然にお知らせいたします。 クレイグ・ケイコ著「スーパーナチュラルの法則」販売中!


by seishoukai
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2012年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧

植物の精

生昇会の庭の百合の花が咲きました。

f0205288_13353935.jpg


会員のW様が鉢で丹精込めて育ててくださったものです。
生昇会の庭は数坪の小さな庭ですが、W様のお陰でいつも四季の移ろいを楽しむことが出来ます。

マルエスの日には会員のO様が季節に合ったお花を生けてくださいます。
7月には色鮮やかなヒマワリとほおずきでした。

ケイコさんの著書『スーパーナチュラルの法則』には以下のような文があります。

『花はあるのが当たり前になっているが、人間が発生する以前から地上にあった花との付き合いとその意味について、今まで誰か考えた人がいるのだろうか。
花は、死者に手向ける。そこからはじめよう。(以下は、ケイコさんと守護神とのやり取りです。ブログ著者注)

Q:テーマは、何故、花?花は香り、色、姿で楽しみ、心を和ませてくれるけど、命が短くて、枯れた姿は見苦しい。花と人間の生死の間に何の意味があるのですか。

A:いのちをもらう。

Q:死者にとってのいのちとは。

A:思い。

Q:思いの方向は。

A:天。

Q:花の何がそれを助けるのですか。

A:すべて。色、香り、触覚。

(略)

Q:植物の精のことですか。

A:そうです。

Q:植物の持つ精気が、天に届けるのですか。

A:そうです。

Q:人助けになるのですか。

A:そうです。

Q:そうすると、地上に植物があるという事が大切になってくるのですね。

A:そうです。』

このやり取りからもわかるように、私たちがフライウェイをするときに地上の植物に助けられているようです。人間の意識が天に向かう時、感情が作用しては不可能になってしまいます。植物には感情がありません。ひたすらに太陽の光を求めている自然の姿から、私たちもフライウェイする際の姿勢を学ぶことが出来るのかもしれません。
『スーパーナチュラルの法則』では実際に植物の持つ器官がどのように上昇を助けているかについて書かれています。ご興味のある方は、ぜひお読みください。

小さな庭の季節ごとの草木、花々に助けられながら、私たちはフライウェイをしているのですね。

生昇会スタッフ
[PR]
by seishoukai | 2012-07-14 14:30 | フライウェイ

7月の開館日

7月14日(土)12:00~18:00
   15日(日)10:30~18:00

21日(土)12:00~18:00
22日(日)10:30~18:00

28日(土)10:30~18:00
29日(日)10:30~14:00

どうぞ、フライウェイをしにお越しください。
ご質問のある方もどうぞ。
[PR]
by seishoukai | 2012-07-08 15:30 | その他