生昇会でのフライウェイレッスンの様子などを日々徒然にお知らせいたします。 クレイグ・ケイコ著「スーパーナチュラルの法則」販売中!


by seishoukai
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

<   2010年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧

身体の中に取り入れる、蓄えること、肥大する思考は近年、非常に卓越してきている。
 
コマーシャルも身体に貯めるほうを強調している。

人間というのは、心身にそんなに貯めることに努力しなければならない生き物なのだろうか。

歴史に事実を5千年毎の区切りと考えると、我々が忘れてしまっていることは、本当の意味での≪排泄≫ではないだろうか。

汗をかく、尿や、排便が満足にある、それらが果たして人間にとって、過不足ない排泄なのだろうか?

それならば、どうして人間は理想に反して老いるのだろうか。 病むのだろうか。

老いるということは、1つには色々なものが身体にくっついてしまって、自分が「イヤ」だと思っても、体外に捨て去ることができないことです。

老いと、病はどう違うのだろうか?

異質なものなのだろうか?

老いは全身に緩慢に訪れる。 それに引き換え、病気は局部的であり、急速に訪れる。

そのどちらも人間は当然のことのように受け入れています。

(次につづく)

              クレイグ・ケイコ
[PR]
by seishoukai | 2010-10-24 17:15 | フライウェイ


日本には四季がありその変化に体がついていくのは大変なことです。

時節の最中は安定しているのですが、その変わり目の前後に大いなる調整が必要です。

そこで生昇会では主極より定められた年4回を季節の変わり目の特別な日としており、特別に体の調整の為のフライウェイを体験できます。

11月7日(日)のS(マルエス)の日はこれから冬に向かう季節に備えるため、お互いに食事を持ち寄ります。

会員以外の方でも、フライウェイに疑問をお持ちの方でも、永遠に会員にはならないと認じている方もどうぞご参加ください。

誰がどなたが、何と思っていようと足蹴にしようと、神というものは太陽と同じ平等に分け隔てのないものです。

5000年ぶりに地上に出で立った神なるものが一体どんなものであるか?

どうぞ11月7日にはお誘い合わせて有りて有るものの力を気楽にお楽しみください。

2010年11月7日(日)  
S(マルエス)の日 13時~  フライウェイのまわるを体験しよう! (初心者向き)
            14時~  持ち寄りパーティー
                           

 ※お食事を持ち寄らなくてもご参加できます。 (参加費無料・予約の必要はありません)
                             

お問い合わせ:生昇会☎03-3498-4881
[PR]
by seishoukai | 2010-10-09 17:07 | フライウェイ
老い、というのは、一体一般年齢の何歳くらいに境界線を引けば良いのか?

「60歳位を成長の頂点として、それ以上は老いになる。その人が何歳で死んでも60歳の若さで肉体がとどまっていられれば、理想なのではないか」というもっともな答えをもらって私も納得したのです。人類一般を見て、それぞれのお国柄もさることながら、《老いない》という一点で、人間に共通した決定的に不足している何かがあるのではないか?と気付いたのです。

しかし、そのことは人類としての課題になる訳ですから、もう一度大きなところから考え直してみよと思いました。

《歴史の中で忘れられてしまっていること》がある筈だ。

一体何なんだろうか、人類が忘れているものとは?
(次につづく)
      
          クレイグ・ケイコ
[PR]
by seishoukai | 2010-10-06 19:09 | フライウェイ