生昇会でのフライウェイレッスンの様子などを日々徒然にお知らせいたします。 クレイグ・ケイコ著「スーパーナチュラルの法則」販売中!


by seishoukai
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

<   2010年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧

いのちの素の正体 vol7

人間の個性は一つの波動です。

そして守護神の波動もその固有のものと基本的には同じです。

その基本は不変であるとしても、人間が生きていること、生活していることは歪みを作ることであり、その歪曲を取り除くことが、人間自体には不可能なのです。

歪みとは波長のずれと同じことです。

誰によらず今いる自分は本来の波動と大分ずれているだろうなぁ、と思うのは当然のことです。そして、波長合わせ、という言葉があるように波動は共鳴したり、同調します。

人間は自分自身の波動のずれがどの程度か、など知ることはできません。と、同時に無数にある宇宙意識の中から自分の好みのものを選んでアクセスすることも出来ません。

神から悪魔まで、人間も含めた全ての存在が宇宙意識なのです。

そして、波長合わせと憑依は同義語なのです。

さらにそれらはあちらに選択権のある、お仕着せなのです。  (次につづく)
        クレイグ・ケイコ     
[PR]
by seishoukai | 2010-04-19 02:04 | フライウェイ
「憑依」【のりうつる】という言葉が出てきましたので、このことについて少々説明します。

これは{思い込み}や{創造}ではなく、波長合わせの事実として、昔から広く言われています。

つまり、自分の中にある波動が、宇宙意識の一点の共鳴するところと、結合することです。

このこと実態については、ここで申し上げることもなく、古来から数限りない事実を発揮しますが、人間生活にとって、あまり幸せなこととしては発現しないようです。

そして一つの大きな問題は、この共鳴結合した波動意識体は、一般には死に至るまで切り離れることが出来ないことです。

これもまた、人体のメタボリズムの能力に無い事なのです。

加持祈祷、お祓い、〇〇術、△△術、エクソシスト、人類はこのアクセスを断ち切る為に、様々な方法を考え出して行い続けてきましたが、どれも一時的な慰めであって、三次的思考錯誤では、完全な解決の道は開けないのです。

完全な解釈が得られなかったのは、携わっている方々の問題ではなく、宇宙の法則的申し合わせによるものだったのです。       


(次につづく)

               クレイグ・ケイコ
[PR]
by seishoukai | 2010-04-11 20:01 | フライウェイ

いのちの素の正体 vol 5

個々の守護神と人間を結ぶのは、人間の側から、他の意識体を選んで結合することが出来ないのと同じように、自分の波動であっても人間から結ぶことは出来ません。

天の側から結ぶことが出来る法則になっているようです。

そして、その事に関しては【私が決めました】

何故ならこれは、これから地球規模で始まる事なので、「勝手に自分は守護神と結んだ」とか「私の守護神はああ言った、こう言った」果ては「守護神が命令したから、実行した・・・」等、社会や、地球にとって良い事ばかりなら、それもしかりですが、犯罪、不幸、狂気につながる事が多々、考えられます。

それでなくても、現在はまだ、守護神と憑依霊の区別が出来るほど、人間は客観的に自分が見られるように成長していません。

そしてもう一つ。守護神には「憑依」の糸を切ることが出来ないのです。
(次につづく)

                 クレイグ・ケイコ
[PR]
by seishoukai | 2010-04-07 16:31 | フライウェイ

いのちの素の正体 vol 4

肉体を動かすのは(守護神には)大変なことのようです。

そして、やっと動くようになっても次の注文である前後、左右、の動きになると人間のどちらを前と言い、後ろというのか解らないで”前に倒してください”と言うと後ろにひっくり返る守護神もいます。

人間の身体の動きについて説明し、次に個人的な動きの癖や、滞りの起きる部位について、勉強してもらいます。(もちろん、守護神に)

人間が知識を得るのと違って、吸収の速度は比べ物にならないくらい速いですが、いろいろな事をお互いに一から学んでゆくことになります。

次に、守護神が人間の意識を連れて、自分の場に(故)に戻ってゆく、フライウェイという段になると地上に降りてきて、形のないものが次元の壁を越えて登ってゆくのは、大変なことなのです。

あなたが協力出来ることは、守護神にまかせてその波にあなたの全てをゆだねることです。

(次につづく)            クレイグ・ケイコ
[PR]
by seishoukai | 2010-04-05 00:25 | フライウェイ