生昇会でのフライウェイレッスンの様子などを日々徒然にお知らせいたします。 クレイグ・ケイコ著「スーパーナチュラルの法則」販売中!


by seishoukai
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ:地磁気の転換( 3 )

[この文章は1994年に出版された「フライウェイの日。クレイグ・ケイコ著」からの抜粋です。後に呼び方を変えたものもありますので、注釈を入れることもありますので、ご了承ください]

私たち人間の一番の不安はどんなことでしょう?それは死後の世界がわからないことです。人間が人間足るのは、優秀な頭脳のためですが、これが逆に災いして、自分の命の尽きた後のことが心配でたまらなくなったのです。

他の動物は死の恐怖は感じるでしょうが、その後のことを不安に思うことはないはずです。

宗教もにんげんが生と死を見つめるところから生まれたのです。

たとえば、私たちが死んだらどうしたらよいか分からず、冷たく荒涼とした闇の中をさ迷うことのなるのではないか。

また痛がったり苦しんで死ぬとそのまま時間の止まった世界で、無間地獄のように果てしなく苦しみ続けるのではないか・・・・といった業にまつわる重苦しい話です。

このように、人間は誰でも死後の不安にとらわれ続けなければいけないのでしょうか。

否です。

フライウェイの時代が、一気に恐怖をぬぐい去ってくれるようになったからです。

これまでは世間で言われている悪霊に世界がありました。

私たちの周囲に浮遊霊や地縛霊などが存在し、波長があった人間にとり憑いて心身にマイナスの作用を及ぼしたのです。

これからは死んだら「あぁ、これからはやっとあくせく生活しなくて済む。ゆっくり眠ろう」ぐらいにゆったりと考えてください。

何の思いも持たずにゆったりしていると、そのまま上昇気流にのって高く高く天国へいけるのです。

過去にはこんなノンキなことは勧められなかったのですが、これからの5000年間は人間が霊に苦しめられることはありませんし、あなた自身の魂が死後に悪霊となることもありません。

(次につづく)      クレイグ・ケイコ
[PR]
by seishoukai | 2011-08-09 12:34 | 地磁気の転換

トウす 実践編

クレイグ・ケイコ著 「スーパーナチュラルの法則」より

「人間が動物と違う最後の一点は何かといえば、それは“思いやり”であると言えるのではないのか。

トウすはその思いやりが為すことなのです。」


つまりは、トウすことをお金儲けの手段に使ったり、自分の名誉のためにすることではないということです。

純粋に相手に対する思いやりのみで為す行為と言えるでしょう。

ケイコさんの言葉は続きます。

「何故、あらためて「トウす」などという言い方をすると言えば、マルエスから人間の体を通って、他の人の病苦にあてられるそのエネルギーの、質も量も、過去に行じられていたものとは大きさがちがうからです。」

それでは、どのようなところに焦点をあてて行えばいいのでしょうか?

「そこでトウすを行う時は、どこにあるのか誰もまだ知らない太陽を越えたもっともっと先の天の一番高いところにあるマルエスに自分の思いを合わせるところからからはじめなさい。

同じ自分の焦点を合わせるなら、最高、究極のものに合わせなさい。」



ここで間違ってはいけないことは、このような場合、感謝の気持ちで行いなさいと言われることがよくあります。

しかし、究極の場である主極(マルエス)はそういった自分の思いさえも超えたところにあります。


「もちろん、マルエス、主極などが宇宙のどこにあるか誰も知りません。

そこで、自分の頭の中に遠い彼方のシンボルを創ってそこにポイントを決める、ことで十分意思は通じます。

そして、そこから届く力の流れを自分の体の中を通して手、(足を使っても同じ)を当てます。

相手ばかりでなく、自分自身もおだやかないい気分になります。」


思いやりだからと言って、相手を何とかしてあげようとか、汗が出るほど念を込める必要はありません。

自分自身が天からのエネルギーを通すパイプのような感覚で行ってみてください。

まず、自分自身で試してみてください。
[PR]
by seishoukai | 2009-10-13 19:25 | 地磁気の転換

トウす

生昇会では「トウす」ということをしています。

クレイグ・ケイコ著「スーパーナチュラルの法則」に次の文があります。

手のひらから出るパワーを人間の持つ自然治癒力として自力を決めてがんばるのも良いですが、これこそ他力そのもの。

守護神と継いだあとその波動が頭から入って身体を流れて手足から抜けて出て行って天に帰り、また頭からの循環を利用するのです。

しかし、守護神と継いでいなくてもマルエスから来る大きな力はあなたの身体を通って他人に伝えることができます。


これこそ地磁気の転換があったからこそ出来るようになったことです。

そうでなければ、人間の「念」や「気」といった3次元の波動を送ることになってしまいます。

以前、生昇会のイベントでこの「念」や「気」の類と「トウす」で使っているエネルギーを比べてみた事があります。

そこに参加している人全員が、はっきりとその違いを感じ取る事ができました。

以下もクレイグ・ケイコの文です。

「トウす」に関しては、これはフライウェイをはじめたからできるとか、どこかの団体に所属したからできるということではなく、現時点では特にマルエスの波動がダイレクトに地上に届いていますから、宇宙のエネルギーとして利用できます。

何処のどなた様でも地上に生きている人のすべてがこれを行う事ができます。

今はただそうなったことを知らないだけなのです。

あなたは知ったそのときから実行してごらんなさい。きっと成功しますよ。


これから寒くなり体調を崩す季節です。

「トウす」を活用してみませんか。

次回、方法をご説明いたします。
[PR]
by seishoukai | 2009-10-10 18:23 | 地磁気の転換