生昇会でのフライウェイレッスンの様子などを日々徒然にお知らせいたします。 クレイグ・ケイコ著「スーパーナチュラルの法則」販売中!


by seishoukai
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ:レッスン( 2 )

フライウェイ教師の原則

フライウェイのレッスンをしたりパワーアップをしたりする教師の原則です。

フライウェイのレッスンには特別の技術は必要ありません。

このような性質を持ち合わせている人が出来る役割です。

これだけ読んでも、カリスマの時代は終わったということがお分かりいただけると思います。

[教師の原則]

おごらず、ひれ伏さず、

進歩もせず、己から起こすことが出来ない人たちの事をいいます。

人を育てる役割であって自分が育ってしまってはいけないのです。

といった本のところの人たちが希望する仕事であるから、教師希望の人たち自身の成長に期待するのは無理なことです。

教師がフライウェイをする時は、マスターするとか専門職を持つ人たちが新しい脳をつくり出してゆくのとは違いパターンを繰り返し思考錯誤するだけでよいのです。

それをよろこびと出来る人たちは小ぢんまりして質素な思考回路の持ち主でなくてはならないのです。

  (生昇会スタッフ)
[PR]
by seishoukai | 2010-06-07 00:37 | レッスン
自分の身体から自意識?アストラル体?が抜けてゆくのでフワッとした得も言われない楽な気持ちになります。

身体の方は全く重量を感じなくなります。

そしてぬけた自分の方に意識をあわせると、そのままその日のテーマ通りになります。

ただ自然発生的に「りだつ」する場合と「フライウェイ」する場合の違いは、

「フライウェイ」は「仏のわずらい」の世界を越えた高次元の場と交流する為におどろおどろしいものを見たり、聞いたり、恐ろしい場所に行き合わせたりすることが無いのです。

いのちの素を吸い取られてしまう磁場との交流がないので、安心してウララかな気分でいられるのです。

どこまでも、高く高く昇ってゆく事もあれば、美しい色合いの中を旋回して、遊ぶこともあります。

時には何処か遠くの星なのでしょうか、全く動きのない地点にたどり着く時もあります。

その人その人の感覚と生活条件によって、それなりの楽しさが約束されます。

(クレイグ・ケイコ)
[PR]
by seishoukai | 2009-10-30 10:21 | レッスン